1億円損してませんか?ビックリするくらいお金が増える税金の話!〜基礎知識編〜

複業

会社勤めで税金のことって良く分からないけど、みんな対策してるの?

Kai
Kai

オッチャンなんも対策してないんですか?
それやったらヤバイですよ!

税金対策を「する」「しない」で生涯所得が億単位で変わることもありますよ!

本当に!?
今からでも対策できるかな?

Kai
Kai

もちろん!

具体的な対策に入る前に基本的な知識からお伝えしますね!

みんな知っている!?住民税と所得税の決まり方!

ということで、今回からは税金の事についてお伝えさせていただきます。今回は「基礎知識編」なので、こういった方向けに記事を書いています!
【特に読んでいただきたい方】
・会社員
・フリーランス
税額計算の基本は、まず自分の「課税所得」を知ることです。所得税・住民税の計算は非常に分かりにくく、国税庁のサイトを確認しても、自分の税額を簡単に知る事は難しいです。
なので、まずは所得税・住民税がどのようにして計算されて、普段私たちが納税しているかを知りましょう。

収入と所得の違いって?

まずは「収入」と「所得」について違いがあるって知っていましたか?

簡単に説明すると、

 

収入:額面
所得:手取り

 

となります。

収入と所得の違いを説明するためには、まずは控除について確認していきましょう。

控除って何?

そもそも控除とは「一定の金額を差し引く」という意味です。納税額を減らすことができる控除には、大きく「所得控除」と「税額控除」があります。

「所得控除」は、課税対象となる所得金額を減らすことができる制度で、「税額控除」は、税金そのものを減らすことができる、大変ありがたい制度です。

給与所得控除

給与所得控除は、給与等の収入金額に応じて、上の図のようになります。

所得控除

所得控除とは、納税者のいろいろな個人的事情に合わせて「計算上の所得金額」を減らすことで所得税を小さくし、納税者の負担を減らすと効果があります。

要は、個人個人の生活環境の違いを公平に反映させるために所得控除は存在します。

税額控除

税額控除とは、所得金額に税率を掛けて計算した税額から直接控除(差し引くこと)できる控除のことをいいます。税額控除は、二重課税の排除や特定の政策を推進することを目的として、設けられています。

節税効果が大きい税額控除

税額控除は、税額から直接差し引くことができるので、節税効果は絶大です。
例えば、税額控除が5万円だった場合にはそのまま5万円が税額から引かれるため、非常に効果が高い節税になります。

ただし、所得控除も税額控除も原則として申告しなければ控除は受けられませんし、適用されません。

税額控除には、

  • 配当控除
  • 外国税額控除
  • 政党等寄附金特別控除
  • 認定NPO法人等寄附金特別控除

これらを含めて20個もの税額控除があります。これらを知らない事で、払わずに済む税金を払っているケースも多く存在します。該当する税額控除があれば、もれなく適用を受けるようにしましょう。

会社員と関係性の高い税額控除

ここで、皆さんと最も関係が高い税額控除をご紹介します。それは『住宅借入金等特別控除』です。いわゆる「住宅ローン控除」ですね。

国税庁のHPでは、

  1. 住宅の新築、取得又は増改築等をした場合
    一定の要件を満たす住宅の新築、取得又は増改築等(以下、「取得等」といいます。)をした場合に、その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額を基として計算した金額を一定期間控除するものです。
    この控除を受けるためには、確定申告書の提出の際に一定の書類を添付する必要があります。
    なお、給与所得者は、1年目に確定申告をすると、2年目以降は年末調整でこの控除を受けることができます。

※国税庁HPより引用

とあります。簡単に説明すると、『毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除して良いですよ』という制度です。※2020年9月時点

要は、住宅ローンの残高が2,000万円の場合、20万円を所得税額から直接差し引くことができます。なので税額控除は節税効果の高い控除なんです。

所得税を計算してみよう!

さて、これまでは「収入と所得の違い」「控除」について説明してきました。では、ここからは実際に所得税を計算してみましょう。上の図を使って順番に説明していきます!

STEP1:1年間の「収入」を計算しよう!

額面が月40万円で、ボーナス込みで、年収600万円だな!

とりあえず自分の収入をまとめたぞ!

まずはここがスタートです!

ご自身の収入を把握しましょう!チェックするためには、会社員の方であれば、源泉徴収票を確認しましょう。もし副業でアルバイトなどをしている方は毎月の給与をメモしておきましょう!

STEP2:1年間の「所得」を計算しよう!

所得控除は上の図を使いましょう。

なるほど。

年収600万円だから、、、

600万円 ー (600万円 × 20% + 44万円)= 436万円

僕の所得は「436万円」だな!

これで所得が分かりましたね。では、次に行きましょう!
※ちなみに国税庁のHPで超簡単に計算できます。笑
気になる方は、先ほどのリンクをクリックして一番下までスクロールしてください。

STEP3:1年間の「課税所得」を計算しよう!

じゃあ、ここから「課税所得」を割り出すんだな。

所得控除を計算しよう!

という事で、所得控除を計算します。今回は分かりやすく、

生命保険:月1万円=12万円(年額)※H30年加入
社会保険料:40万円
という設定でお願いします!

生命保険料の控除は、平成24年1月1日以後に締結しているかどうかで生命保険料控除の取扱いが異なります。今回の場合は、平成30年加入の設定なので、現行の制度が適用されます。

生命保険料控除は合算で最高12万円まで控除可能ですが、生命保険料のみだと一律4万円が最高です。なので今回のケースは4万円の控除となります。

社会保険料を控除できる金額は、その年に実際に支払った金額又は給与や公的年金から差し引かれた金額の全額です。そのため、今回は40万円が控除対象となります。

では、計算していきましょう。

 

今回控除ができるのは、

生命保険料控除:4万円

社会保険料控除:40万円

だな!
これを差し引くと、、、

 

所得金額(436万円)ー (40万円+4万円)= 392万円

392万円が「課税所得」だ!

課税所得が分かりましたね!あと少しです!

ちなみにですが、源泉徴収票を見れば控除の金額が分かります!是非手元にある源泉徴収票をチェックしてみてください!

STEP4:1年間の「所得税」を計算しよう!

さて、ここまできた皆さん!あと少しです!

所得税を計算するには、ここから税率をかけるんだな。

今回は寄附金控除も住宅ローン控除もないから、、、

392万円(課税所得)× 20% ー 42.75万円 = 35.65万円
となります。

という事は、35.65万円が所得税だ!

毎月3万円近く払っているって事だね!
結構払っているよね〜

これで所得税が分かりましたね!では、もう一つの税金、住民税も計算してみましょう!

住民税の計算方法は?

さて、住民税ですが簡単に説明します!

課税所得 × 10% = 住民税

です!

細かい計算式もあるのですが、分かりやすく10%で覚えてください!

 

という事は、

392万円(課税所得)× 10% = 39.2万円

が住民税って事だね?

そうなります!

なのでこの方の場合は、

35.65万円(所得税)+ 39.2万円(住民税)= 74.85万円 

年間でこれだけの所得税・住民税がかかっているという事が分かります。ひとまずここまでで、計算の方法が分かりましたよね。

※あくまで控除の項目等を簡単に計算しています。実際の納税額とは異なりますのでご注意ください。

社会保障のお金ってどうやって計算するの?

さて、ここでは社会保険料額を計算します。
先ほどの方の場合は、課税所得が392万円だったのでこの数字に14.40%をかける事で計算します。
392万円 × 14.40% = 約56.5万円
となります。こちらも毎月の給料から引かれてますよね?

まとめ

いかがでしたか?ここまでの内容で、
  • 住民税
  • 所得税
  • 社会保険料

の毎月支払っている3つのお金の計算方法について簡単に確認してきました。では、先ほどの男性は年収600万円でしたが、実際に使えるお金(可処分所得)はいくらでしょうか?

僕の年収は600万円だけど、

住民税:74.85万円

所得税:35.65万円

社保:56.6万円

これらを差し引くと、、、
「433万円」だ!

ようやく出ましたね!

年収600万円稼いでますが、実際の手取りは433万円です。170万円近い金額を税金や社会保険料で支払っています。ここをしっかり学んで、節税する事ができれば生涯所得が大きく増加する事はイメージできますか?

次回以降で具体的な方法をお伝えできればと思います!

まとめ
・「収入」と「所得」の違いを知ろう!
・自分の所得税、住民税、社保を計算してみよう!
・可処分所得を計算しよう!
以上です!
ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました